カテゴリ:京都の思い出( 21 )

昨夜は
さみしんぼうのオカンのため?
いや、同級生の長男のため?
少し早めのクリスマスプレゼントで
スカイプで大好きなみんなと
ご対面〜〜〜
あ〜最高のプレゼント〜

楽しくって
我が家のちびっ子も
しゃべりたくって
うつりたくって
みんな必死!
でも、それ、、、わかる。。
私も必死。ある意味。
だって、
しゃべりたいこといっぱいだし
みんな全部しゃべりたいし
とにかく
ごちゃごちゃになっちゃっていたのを
おわびします。が!
最高に楽しかった〜〜〜
最高にすてきなサンタに
感謝〜〜〜
あ〜めっちゃ、がんばれる〜
なんか、上座に座らせてもらっていた感じ。
ありがたや〜〜〜
a0148031_8104148.jpg


こんな感じでしゃべりまくってました〜
きゃぁ〜
可愛い二人〜

みんな受験生やね。
この冬、いっぱいがんばって
来春は、笑顔で
桜の季節を迎えよう!

いけずな京都の冬を
乗り越えて
風邪とかひかんように〜

オカン、みんなの受験も
ここから祈ってるしな〜

あ〜メイメイメイ〜メイ〜
私もコ〜セイと一緒に
英会話をスカイプで
教えてね〜


では、こんなステキな提案を
ピシッと思い出してくれた
すてきな私のサンタ
T美さん!センキュウ〜ベリーマッチィイイイイイ!


オカン、がんばります!
がんばれます〜〜〜〜〜〜


ほなね〜また呼んでな〜




子育てスタイルに参加中♪

クリックお願いしま〜す!


喜界島ブログは

mix1217with喜界島


ハンドメイドショップブログは

twelveseventeen with HANDMADE

[PR]
昨日の夜は
ちょっぴり本を見ながら
眠ったんだけど
おなかがグ〜って
なりそうになったわ!
なんと、今朝体重を量りますと
あの体内時計ダイエットで
太ってしまった体重から
3.5kg減りました!
パチパチパチ!!
でも、ここからです。。。
とにかく、何で太るのが明確になってきたので
それさえ、やめれば
今までどうしても
乗り越えられなかった壁を乗り越えられそう〜〜〜
かもよ〜〜〜
a0148031_985913.jpg

でも、クリスマスにお雑煮、、、おせち。。。
あ〜死ぬほど、つきたての餅が食べたい〜〜〜
あの、餅を伸ばして一気に飲んで行くおっちゃんみたいに
餅が食べたい〜〜
でも、これがあかんのです、オカンの場合。
でも、お正月は白みそのお雑煮だけは作るえ。
これがないと正月が来た気になりませんのんえ!

あ〜かつおぶしのええ匂いがしてくるわ。。。

あなたのお雑煮は
どんなん?
私は白みそのお雑煮で〜〜〜す。
でも、島には白みそがあんまりあらへんねん。
年末に1種類ほど出てきます。。。
待ちます。。。


今日もがんばろう〜
ほなね〜ほなね〜〜〜
[PR]
a0148031_984244.jpg

おはようさ〜〜〜ん
みなはん、おはようさんやで〜

オカン、こんな感じで
上り坂を登りきって
a0148031_99879.jpg

やった〜登れた〜って
万歳している感じです。
なんとか、今朝、
アトリエさんに投稿して
作品を全部で4点ほど投稿できました。。。
ふぅ〜〜ぎりぎりセーフ〜〜
審査に通るか、もう考えたら怖いんで
とにかく、自分が眼界を超えてやれたので
良かった、良かったと
先へ急ぐのであります。

今日も休み明けやし
忙しいし
12月やで!明日から!
信じられんで。
お正月え〜〜〜え〜〜〜
来月は、これまた忙しく
保育園の発表会や
中学のPTA,,進路相談!!
などなど出歩くことが多くなりそう〜〜〜
でも
オカンはその合間をくぐって
裁断して縫うぞ〜〜〜

今月もオカンの気まぐれ
勝手な心の叫びグログを
読んでくれはって
ほんまにおおきにえ〜

さぶおすさかい
体に気をつけておくれやす。。。

さぁ、掃除します〜
ほな、さいなら。
(ほんまに気まぐれで勝手ですんません)

そうそう、マイハズバンドが
こんなん聞かせるさかい
行きたなったわ、、、

カナートちゃうで。、
イズミヤの方、、、
あ〜行きてぇ〜〜〜

ほなね〜ほなね〜〜〜
[PR]
最後の日
少し話も出来るようになった次男だが
やはり、ぐったりしている。
長男と最後の荷物をまとめ
ゆうパックを出しに行った。

わたしたちは
家でゆっくりしたが
長男には
どうしても
行ってもらわないと
いけない場所があった。

私たちが島へ来る時
長男は小学校6年の11月だった。
その長男を預かって
くれはるご家族がいた。
長男にとっても
私にとっても
大事なご家族。。

そこへ向けて
長男は向かった。

今回は思いもしない
子供三人の病気で
どうしても長男がいないと
行動が出来ないため
最後の日になってしまったこと
どうぞ、お許しください。
本当にすみませんでした。
a0148031_1173197.jpg

いろんなことを
考えた。
いろんなことが
よみがえった。

わたしたち5人を
むかえてくださった
みなさまに
本当に感謝でいっぱいです。。

夜、涙が溢れて仕方がなかった。
長女と次女は
テレビに夢中になりながらも
横目で気にしているが
何も言わずとも
分かっていたんやろう。。

明日の朝
私は京都を去る。。。

次は
いつなのか
わからへん。。。

でも、きっと
帰るから。
また、トラブルが待ち受けているかも知れないけど
子供らを連れて
帰るから。。。

私と子供五人の旅は
最後の夜を迎えた。

おやすみなさい
ありがとう
すべてのひとに。。。




喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
簡単な昼食をスーパーで買い
家に戻る。
次男に病院でもらった薬を飲ませる。
以前、かわらず
ぐったりの次男。。
私も四人目でなければ
泣いていただろう。
でも、四人目ともなれば
今まで行った病院の知識が
頭に全部入っている。
救急で行くタイミングも
水分補給が自分で出来なくなったときは
諦めて救急へ行こうと
決意していた。
吐いては、自分で水分を要求する次男。
少しずつ飲ませないといけないが
次男は水分を欲しているのだろう。
コップ一杯の水分を
ぐいぐい飲む。
もう、飲ませてやろうと思った。
私さえ、ビニールを持って
付き添えば良いのだ。

昼から次男は
山科まで送ってくれた彼女と子供たちと
三条京阪で待ち合わせた。
Tっくんも待ち合わせをした。
夕方、京都駅まで
連れて行ってくれると
いう彼女になにもかも甘えた。

私は
少し横になった。
次男の体をさわりながら
『だいじょうぶだ、、、』
少し眠った。

次男はまだぐったりしている。
悩んだ。。。
次はいつ
帰れるか分からない。
決めた。
私は長女と次女に
お使いを頼んだ。
『イアンが吐くから黒い小さなビニール袋と
吐く時に下痢をしてしまうかも知れないから
オムツとおしりナップ、、おしりナップは一個売りのやつが良いな。。。
あと、病院の先生に教えてもらったOS1というお水ね。。。』
二人は手をとり
お使いに走ってくれた。
『あってる?』
心配げな二人の娘。。。
『全部、正解よ!ありがとう!』

長兄が迎えにきてくれた。
夕方、久しぶりに
四人の兄弟が揃う。
そう、私も四人兄弟の末っ子。

オムツとおしりナップと
水分とビニール袋をセットし
車に乗り込んで
待ち合わせの新・都ホテルに向かった。
a0148031_116194.jpg


四人の兄弟が
集まるのは
もしかして
もう10年ぶり。。。それくらい
たったのではないかと
思った。

次兄と姉には
わがままな私のせいで
もう、6年くらい
会っていなかった。
だから、私は
子供たちを
全員会わせたかった。

久しぶりの姉が階段をおりてくると
泣きそうなんより
若くなっている姉に
驚いた。
変わってなんてなかった。

そうこうしていると
長男を
彼女たちが送ってくれた。
泣きそうやった。
階段を上るTっくんの目が赤い。。。
『いやや、泣かんといてや』
そう言いつつ、私も
泣くのをこらえた。
ありがとうありがとう
何回も消え行く後ろ姿に
叫んだ。。。

そして。
次兄と奥さんが来た!
すっかり痩せていた次兄を見て
また、泣きそうやった。
でも、泣かへんと決めていたから
次男が吐いているはなしを慌ててした。。

最後に姉の旦那さんと子供が来た!
私のとって甥っ子!
高三になるという。
名前を何度も叫んだ。
『何回呼ぶねんな〜あと、30回は
よぶやろ』
だって、赤ちゃんやった甥っ子の
おもりを頼まれて
ミルクの量が分からんし
薄い薄いミルクとか飲ませてたり
旦那さんの懐かしい声に
何度も叫んだ!!

なんせ、人数が多いから
ゆっくりと話せなかったが
この場所で
同じ場所で
話せたこと
食事ができたこと
きっと、
天国の父と母が
一番喜んでくれていることやろう。

ホテルを出ると
次兄に挨拶をすると
次兄が私を抱きしめた。
『ごめんな。いっぱいごめんやで』
私は謝ることしか出来ひんかった』
流さないナミダが
いっぱい流れた。
子供たちが集まって
囲んでくれる、、、

次男に無理をさせたけど
本当に良かった。。。
会えて良かった、、、

明日は、ゆっくり家にいよう。
帰る支度をして
家にいよう。。

長いようで短い旅行は
明日一日で終わり、、、
寂しさが私を襲った。

みんなの声が

声が聞けたことが
嬉しかった。
嬉しかった。。。

5日目の夜は
すぐに終わった。
楽しい時間は
一瞬で過ぎてしまう。

そして、朝が来る。
京都の寒い朝が明けてきた。



喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
朝早く、私は
次男の異変に気付く。
お腹がペコッペコッと
動き出し、
慌てて次男をそのまま
抱きかかえた。

嘔吐、、、

私は、悩んだ。。。
今夜、私の兄や姉に会う。
会えるのか、、、
それくらい、何度も
吐いている次男、、、

土曜日まで泊まらせてもらう方向で
考えていたが
まだ、母のお墓参りに行けていなかった。
それだけはしないと
帰ってきた意味がない。
私はMチャンたちと
別れの朝を決めて
山科へ帰ることに決めた。

そこへメールが来る。
『山科まで送るよ』

私は甘えた。
東大路通りにオレンジの車が見えた時
私は
もうひとつ
彼女に甘えようと思った。

見送ってくれるMちゃんとの
別れに後ろ髪をひかれながら
私は
運転席の彼女に言った。

『ごめん、Yちゃん。。。
山科に帰る途中に母のお墓があるんや。
まわってくれてもいいかな?』

彼女は当たり前のように
車を走らせてくれた。
ビニール袋を口に当てた
次男を抱きながら
私は子供の頃から行き慣れた道を
『次、左へ。そこをまっすぐ』
彼女は
当たり前のように
ふつうの日常のように
私たちを送ってくれた。

お墓の近くに着き
そこからは徒歩しか無理やし
下三人を預け
私は長男とお墓へ走った。

待ってくれる彼女の為
待ってくれる三人の子供の為。
そして、
待っていてくれるお墓の中の両親の為。
長男と走った。

小さなトンネルをくぐると
お墓が見えた。
それは墓石の四角い形ではあったが
なぜか、私には
母親そのものが見えたような気がした。

『おかあちゃん、来たよ。お花もお線香もないえ。
ごめんやで。お願いしたらあかんねんけど
イアンも吐いてんねん。今夜、みんなで会わせてや。
友だちが送ってくれたんや。。
また、来るさかい。
また、来るさかい』

声に出して言った。
長男もそれを聞きながら手を合わせた。
『また、来ます!』

私たちはトンネルに入るまで
手を振った。

走った。
オレンジの車に向かって。。。

『ごめんな。ほんまにごめんやで』

彼女は、また
車を走らせてくれた。

山科に着いた。。。


ほんまにありがとう。
私をお墓に連れて行ってくれて、、、
そうでなければ
私は行くこと出来なかった。。。
Yちゃんに甘えることが出来て
いや、いっつもあまえっぱなしで
ごめんやで。
ほんまにありがとう。
私らを送ってくれて、、、
なんにもお返しできないままで
してもらってばかり、、、
ごめんな。
きっと、友だち孝行できるように
がんばるから、、、

家に着き、
休む間もなく
私は次男を抱え
近くの小児科へ。

ぐったりと眠り込む次男を見ながら
長男と荷物を詰める。

すぐに午後は来た。
夕方に会えるんだろうか。。。

そんな思いのまま
休む間もなく
昼ご飯を買いにスーパーへ走った。。




喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
Mちゃん宅に
お泊まりさせてもらい
Mちゃん母に
何もかも甘えて
ご飯の用意や何やら
7人分のお料理を
してもらい
本当に感謝でした。

Mちゃんが朝から
辞任式で学校へ行くので
昼から
みんなで新京極や河原町を
ご同行願い
夕食もお宅で御馳走してもらった。。。


実は前日
早めに到着した私たちは
Mちゃんに
凄いものを見せてもらった!
a0148031_12265192.jpg


Mちゃんの宝物。
たくさんの国の選手と
バッジを交換し合ったそうで
こういうの大好きな私は
大興奮!
どの国もオシャレ〜〜
a0148031_1228826.jpg

一番上には
日本のバッジ!
桜の花咲くバッジを胸に
Mちゃんは
また次の大会に向けて
頑張るのです。

a0148031_12294533.jpg


そんな大興奮の私に
Mちゃんが
『コウセイマミーこれプレゼント』

なんと、アジアパラで
選手入場の時に
各選手が
腕に巻いたり
首にかぶってみたり
様々に身につけていた
ネックウォーマーのようなスカーフを
手渡された。
『え!!!ええのん?!!』
なんと、一点物の貴重なものを
プレゼントしてもらった。。
早速、首に巻いた。
すると、今度は
長男がプレゼントを
もらっていた。
a0148031_1236317.jpg

日本を代表するバッジを
プレゼントしてもらい
長男も嬉しくって
サインを書いてもらい
大事にすると誓ったようです。
きっと、長男の
スポーツ魂も
より一層もえることでしょう。

Mちゃん、無事にバッジは
喜界島に到着し
長男の賞状と一緒に並んでいますよ。
a0148031_12384781.jpg


調子に乗って
胸にかけさてもらった長男を
次女が見ています。
『おにいちゃん、なにになりきってんのんかいな?』

そして、ずっと
考えていた。
彼女に出来るおかえしが
なにか出来ないか、、、
バッグのなかを探した。
何もない。。。
ふと、そこに光るものを見つけ、
コレしかないと
Mちゃんに渡した。

旅行に私はカティおばあちゃんの作った
ビーズのブローチをつけていた。
でも、実はMちゃんの家の下で
落としていたのを
長女が落としてるよと拾ってくれて
バッグの奥底にしまっていた。
彼女には
私の一番大事なこれを
手渡しても
きっと大切にしてくれるだろう。
『ルーマニアの80歳を超えたおばあさんが作ったブローチよ。
私の大事なもの。Mちゃんにプレゼント』
Mちゃんは、とっても喜んでくれた。
そして
大事なトロフィーの横に
並べてくれた。
a0148031_12455643.jpg


そこには
ビーズの指輪があった。
そう、長男が小さい時に
作ったビーズの指輪。
大事に飾ってくれていた。
そこにまた
ビーズのブローチも
加えてもらった。
やっぱり、
私の宝物を
渡して良かったと思った。

5日目の朝
別れの日が来る。
 Mちゃんとの別れが
一番哀しかった。
辛かった。
目をじっと見ることが出来なかった。
でも、
いつだって
私も長男もあなたの側にいる。
ビーズに体や心を託して、、、
忘れないで。。。

離れていても
こころは近いよ。
いつも隣りで応援しています。

いつか、喜界島の海を
自由に泳ぐあなたを
夢みて。。。


T美さま
本当に二日間も
宿泊やお食事まで
ありがとうございました。
本当に感謝でいっぱいです。。。
たくさんの思いを胸に
また頑張ります。
きっと、、、、


五日目の朝
私は次男の異変に気付く、、、
そして、また
私は友に助けてもらうことになる。




喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
地下鉄に乗り三条京阪まで行くと用事を済ませ
彼女にメールした。
『今から行こうと思っています』
『もう、家にいますよ』

彼女Mちゃんは、このブログでも
ご紹介させてもらった


京の13歳

(もう14歳に!)
今日は、こちらのお宅に
宿泊させていただき
保育園のときのお友だちが
集まってくれる!!

この保育園のときの友達は
本当に特別な存在。

私は図々しくも
到着するなり、メールで伝えていたように
長女を寝かせてもらう。
Mちゃんは
娘を気遣いながら
布団をひいてくれて
娘は少し薬も効いてきて
Mちゃんと遊びたかったが
もうすぐいっぱいのお兄ちゃんのお友達が来るから
もう少し眠るようになだめた。

Mちゃんと私たちを
待ってくれたのは
あまりのお姉さんぶりに変わっていた
Mちゃん。う〜んこちらも
Mだな。MNちゃんで分かるよね!みんななら。
ほんまに二人とも
立派なお姉さんになっていて
私、興奮しっぱなし!!
MNちゃん母は用事があるのに
少しのぞいてくれはって
用事が終わってから参加してくれはった。
こちらも四人のお母さんの先輩!
私もあんなステキな母になりたい!
オカン脱出宣言!!

そんなとき、やってきてくれたのは
Tっくん!!
『きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜』
もう、興奮〜〜
だって、みんな
初めての出会いは
赤ちゃんだったのよ。
いや、私が引っ越す前にも
集まってくれたときにあったけど
なんか、めっちゃ
大人になってる〜〜
そして、Tっくんの母も変わっていない〜〜〜
優しくて控えめで
本当に本当に優しい人。。。

で、来た〜
Rちゃん〜もう、ちゃんづけじゃなく
君にしないといけないけど
Rちゃん〜〜って呼び続けんド〜〜
で、かわいい妹の双子ちゃん!
あ〜こちらもすっかり
中学生に。。
ちびっ子たちのお世話を
本当にありがとうね。
そして、この三人の母〜〜
私を『もーちゃん』と呼ぶこの人〜〜
あ〜頭が下がります〜

そして、こちらのお宅の
Mちゃん母がお仕事から
お帰りになりました〜
『泊まってください』
そんな言葉にすんなり甘えられる
先輩のような
頼れる存在です。

そして、
Iくん母〜すごいお鍋を持参して
やってきてくださいました。
Iくん母は
いつも精神的に落ち込んだ時
励ましてくれはる、、、
長男の応援に行きたくても行けない私を
待つことの方がエネルギーがいると
支えてくれはった。
あの一言で私は
見に行けんくても頑張るぞと
ますます元気を頂いた。
遅くに到着したIくんは
なんだか、大人のような風格。
きちんと挨拶してくれました。

そして、Yノちゃんと母〜〜
Yノチャン〜〜は
もう本当に大人しくって
なんと、めちゃくちゃキレイなノートを
書くらしいです。
うちのグズグズ娘たちに
見習わせたいです!
で、このYノちゃん母は
めちゃくちゃ最高〜〜
私、つれて帰りたい!って思うくらい
痛快な毒舌!
だけど、全く愉快な会話にしか
聞こえない!
見た目のギャップがたまりません!
教えてもらたったダイエット
しています!!

そして、Yこちゃんと母と父!
Yこちゃんは
ちょっとしたスノボーの女子選手みたいに
すっかり大人。
でも、話すと女の子らしく
久しぶりの私に敬語を使ってくれたり、、、
母は来るなり
お肉をジュージュー焼いてくれて
変わらない話し方が
嬉しかった。
父も遅れてやってきてくれはって
ほんまに楽しかった〜〜

a0148031_11555558.jpg

みんな、それぞれ持ち寄ってくれた
お料理は
いつものわたくしオカンが
みんなの子供になったような気分で
至れり尽くせりでした。
めちゃくちゃ
オカンがいっぱいで
私は三日ぶりのお風呂を
家主より先に頂戴し
タオルで長い髪を巻いたまま
一人子供のように
これおいしい〜
あれおいしい〜
それもおいしい〜
これ、なんや〜〜

みんなでワイワイ
まるで何年も会ってないのがウソのよう。

みんなが
帰ったあと
私と長男と
MちゃんとMちゃん母で
夜中の二時過ぎくらいまで
話した。

喜界島で住んでいることを
忘れていた。

まるで
初めて保育園に
行ったあの日のようだった。

今日は愛情いっぱいのお料理を
ずっと頂きっぱなしだった。
長女もすっかり良くなった。

明日は
出かけよう。
眠りについた。。。




喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
a0148031_13521284.jpg


私は、朝方、自分の耳に聞こえる声を
どうぞ、こうなったら
日本を代表する怪談の主人公の声であってほしいとさえ
思った。
どうぞ、娘の声ではないようにと
朝になれば寒さの増す
京都の底冷えを感じながら願った。。
しかし、願いが叶わなかった。。。

『ぃたぃ〜〜』
か細く泣いているのは
長女だった。
でも、たまに家でもあるのだが
朝になればだいじょうぶだったりするので
安心していた。
でも、朝 目覚めると
ぐったり寝たまま。
疲れもあるから寝させていたら
トイレに行ったら元気になっていたので
お昼前に約束をしていたお友だちに
メールをして
11:00には着けそうだった。
準備に夢中になって
10:00すぎに余裕を持って出ようとした時
娘がおかしい。。。
勝手口で嘔吐。。。
次女の靴は全滅だ。。。。
そこから、勝手口を掃除し
長女は衣装を全部かえ
悩んだ。。。
行こうか、、、行くまいか、、
でも、次、いつ会えるか分からない。
長女も吐いたのか
楽になり歩けると言う。
次女が靴がないので
長男が次女をおんぶし、
サンダルを買って
地下鉄に乗った。

懐かしい駅に
降りるとすぐに
マンションがある。
少し照れながら
彼女たちの待つ部屋の番号のインターホンを鳴らす。
マンション下の玄関が開く。
ドキドキした。
a0148031_13545890.jpg


部屋のドアを
開けて待っていてくれたEちゃん。
『きゃぁ〜〜』
思わず嬉しくて
声を出す。

そして、廊下の奥に
Cちゃんが見える。
私がこころのcandyを販売した時
すぐに義援金活動に参加してくれた。
いつもやわらかく優しい。。。

そして、
お部屋やお料理も提供してくれた
Gちゃん。。
今回、初めて手渡しで
candyを渡せた。
『おねがいします』
彼女の言葉は、ぐっと私を強くさせた。

みんな、たくさんの愛情料理を作ってくれて
ほんまにほんまに
実家に帰ったようやった。

無理したけど
来て良かった。
もし、来なかったら
後悔する。
長女がお腹が痛いようだが
他の人なら遠慮するけど
みんな、ステキなお母さんばかり。
だから、連れて行っても
充分するほどの理解を示してくれる。

ほんの数時間、、、
そのために
たくさんのお料理。
しかも、
部屋も散らかして
帰ってごめんね。

もう、20年以上なんかな?
知り合って、、
どんなに月日を経ても
三人はスリムで
優しくて楽しくて穏やか。
会えない時間は
ウソのようやった。
あのドアを開けてもらった
そのすぐ前に
会っていたような気がした。

マンションを出ると
高く見上げる廊下から
彼女たちを可愛い子供たちが
手を振ってくれていた。

哀しかった。
すぐに見えなくなるように
急いだ。
別れは、つらい。
次は、いつ会えるんやろう?
地下鉄の風が吹く中を
私は涙を浮かべながら
下におりた。
私には少し年下なのに
とても頼りがいの有る
三人。。。

たくさんの愛情料理を
ありがとう。
たくさんの思いをありがとう。

またね、また、きっと、
数年後に。。。
そのときも
きっと、2011/3/30の
翌日のように
感じることだろう。

それくらい
変わらない
三人に
ここであらためて
お礼を。。。

ほんとうにありがとうございました。
Eちゃん。
Cちゃん。
Gちゃん。。。
あなたたちは私のチョコレートのお家のようでした。
甘く夢があって
もろく溶け易く
でも、しっかりと固まることも出来る。
大好きなチョコレート。
大好きな三人。。。
a0148031_1415492.jpg


お腹をさする長女に
『おにいちゃんのお友達の家に
お泊まりさせてもらうからね。
もう少しがんばれる?』
『うん!』
私は、長男の同級生の女の子に
メールした。。。。

左京区へ急いだ。。。

明日へ続く。。




喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
マイハズバンドの弟さんと奥さんに
焼き肉を全部、やきやきしてもらって
満腹の私たち。
目覚めると二日目の朝。。。
次女がかなり痛がるし
近くの病院に行くと
臨時休業〜〜〜
あ〜〜
悩んだが六地蔵まで行ったら
病院があったはず。
となりは近鉄momoがあるし
次男を長男と長女に預けて
いけるな、、、と。
家を出た。
地下鉄に乗る前に
マイハズバンドのおじさん宅におじゃまする。
次女が痛がるんで
少ししかお話しできなかったのですが
やはり、お顔をみて
お話ができるって嬉しい。。
その足で地下鉄に乗り
病院と近鉄に別れる。
そやけど、めっちゃ、時間かかった〜〜〜
終わったら三時。。。でも、
先生は史上最高ええ先生やった〜〜
で、慌てて近鉄に行くと
疲れ果てた長男と長女。
野生児次男を追いかけて
疲れ果てていた。
あ〜ごくろうさま〜〜
そして、私たちは
待ち合わせの場所に向かった。
a0148031_122327.jpg

烏丸三条と烏丸四条を間違えてしまって
のんきにしていたので
みんなで走った。。。
待ち合わせの彼女の顔を見たら
泣きそうやったけど
違う話でそらした。
次女も元気になってきた。
彼女の優しい子供たちと
食事のあとにボーリングに行った。
a0148031_11543042.jpg

みんなの嬉しい顔
笑い声、、、
私は、今、
みんなの前にいるんやと思うと
泣きそうやった。
楽しい時間は
残酷なほど短い。
楽しい会話は
残酷なほど忘れてしまう。

タクシーに乗り込むと
こころの中が満ちあふれていた。
彼女は母として
妻として
そして、女性として
尊敬できる人。
それを再確認した。

二日目の夜。
ぐっすりと眠り込むが
ここで夜中に
私はこれから始まる悲劇の
泣き声を聞くことになる。。。

つづく。。。





喜界島ブログは


mix1217with喜界島



ハンドメイドショップブログは


twelveseventeen with HANDMADE


[PR]
←menu